ジェネリックの特徴

Doctors prescribed drugs to patients

現在報告されている性感染症は、クラミジアの他にもヘルペスや淋病、梅毒など、さまざまな種類があります。
どれも厄介なものですが、それぞれに適した治療薬が開発されており、充分治療可能な症状となっています。
特に感染報告の多いクラミジアの治療に用いられるのがクラビットです。
クラビットはレボフロキサシンを主成分としており、クラミジアや淋病などの原因となる細菌に対して強い殺菌効果を発揮します。
治療に役立つだけではなく、セックスをする前に服用しておくことで、感染予防にも効果的な医薬品となっています。
正しく使用すれば、服用してから1週間ほどでクラミジアによる症状を治めてくれるでしょう。

そんなクラビットをもとにして開発されたのが、クラビットジェネリックなのです。
クラビットジェネリックは、クラビットと同じ成分を有しており、クラミジアに対して同様の効果を発揮してくれます。
クラビットジェネリックの特徴としては、販売価格の安さが挙げられるでしょう。
先発品であるクラビットは開発に多大な研究と幾度の実験を必要としています。
しかし、そうしてできたクラビットのデータをもとにして開発されたクラビットジェネリックは、開発に関してそこまでの費用や労力を必要としません。
そのため、販売価格に関しても、クラビットほど高値にせずとも元を取れるのです。
クラビットに限らず、ジェネリック医薬品と呼ばれるものはすべてこの特徴を持っています。
先発品と同じ効果を持っていながら、安い価格で購入できるため、ジェネリック医薬品を好んで購入する人も少なくありません。